DJAIKO62の試写会日記

ラジオDJ、ナレーターのDJAIKO62です。試写会で見てきた映画の感想を基本ポジティブに書いています。

IQ185ハーバード大学卒だけどコミュ力ゼロの主人公が挑戦する、幸せになるためのリストとは?!「マイ・プレシャス・リスト Carrie Pilby」を見てきました。

 

試写会通いをまたスタートさせました、ラジオDJのDJAIKO62です。

 

今回は「マイ・プレシャス・リスト」にしました。原題は主人公のフルネーム、Carrie Pilbyです。見た直後に書いた鮮度の良い!?感想はインスタに書いたので↓を見てくださいね。

 

マイ・プレシャス・リストを見てきました!

https://www.instagram.com/p/Bm7g9aCBleL/

10月20日公開の新作映画「マイ・プレシャス・リスト」を見て来ました。原題でもあり、主人公のCarrie Pilbyキャリー・ピルビーはIQ185、飛び級でハーバードを卒業した天才、ところが頭の回転が早いがためいろんなことの不合理な点ばかりが目につきいつも不満だらけ。結果友達も仕事もなし、父の友達でもあるセラピスト(ネイサン・レイン)と会うのだけが社会との繋がりだった。ある日セラピストは友達を作る、ペットを飼うなど、一見そう難しくはなさそうなToDoリストをキャリーに提案。「これで何が変わるっていうのよ!」と憤りながらも、目を背けて来たいろんなことに結果向き合うことになって…。という話です。私は好きな映画でしたよ。女性はやっぱり賢いよりもそれはちょっと隠しておいて、可愛げがある方が幸せそうだなぁとも。そして舞台が大好きなマンハッタンだったのも嬉しかったです。ガブリエルバーンを久しぶりに見ましたが、確かに歳は重ねておられますが整ったままでした(笑)見る人の世代によって考えること、響くことも違うだろうなぁと思った作品です。東京では10月20日、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町などで公開。#Carriepilby #マイプレシャスリスト #DJAIKO62 #djaiko62の試写会日記 #映画djのdjaiko62 #ネイサンレイン #ニューヨーク #Newyork #ガブリエルバーン #gabrielbyrne #nathanlane # #新作映画 #映画 #試写会 #映画好き

 

予告編もどうぞ!

youtu.be

 

映画ならではの女子力ゼロの女の子の人生立て直しストーリーに笑ったり嘆いたりと不思議な元気をもらえる作品でした。そんなにIQも高くてアメリカ最高レベルの教育も受けているなら「あとは自分次第」でしょ?というのはおそらく見る人共通の突っ込みどころですが、そんな完璧女子も過去のダメ男との恋愛を引きずっていたり、また、目の前に現れた素敵男子によって人生が好転の兆しを見せるというのも映画らしくて私は好きでした。

 

現実は見ていられないぐらい歳を重ねた女性には厳しいなぁと感じますね。たまには夢を見させてほしいなとは思うけど大概はドラマや映画の中だけ(^^;)

今回はNYが舞台ってところもよかったです。「嘘みたい!?」なことがおこりそうな気もしますもんね。NYに行きたい行きたいと思いながらもう5年もたってしまったので、本気で計画したいな、とも。

 

マイ・インターンのプロデューサーが手がける最新作、ということでCarrie Pilbyにとってただの「Todoリスト」が「マイ・プレシャス・リスト」となる様子をスクリーンで楽しんでほしいなと思います。

 

公式サイトはこちらから。

my-precious-list.jp

 

 

☆DJAIKO62、アートコラムの連載もぜひご覧ください。

《最新コラムアップになりました!》下鴨神社糺の森の光の祭へ!

hanako.tokyo

 

hanako.tokyo

 

rakukatsu.jp

 

rakukatsu.jp

 

 

DJAIKO62

美術展レビュー&アート情報ブログ→http://djaiko62.hatenablog.com/

公式Twitterぜひフォローしてくださいませ。→https://twitter.com/eibunkyoyaku

Instagramも。https://instagram.com/djaiko62/


お仕事、作品レビューやコメント、司会などのご依頼、お問い合わせは【こちらのフォームからお願いします。

・ファンメールへの個別の返事は行っておりません。ご了承ください。

※管理人より→ご一読ください。転載引用などに関して。


にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 

マンマ・ミーア ヒア・ウィー・ゴーを見てきました!誰もが笑顔になれるナンバーワンミュージカル映画!ABBAの名曲も最高!

見てきましたよ!マンマ・ミーアの続編、なんと前作から10年・・・早いですね。それなりにみんな歳を重ねてさらに大人に。でも基本はABBAの曲が随所で光るミュージカル映画に近いものなので、「難しいことを言わずに没頭せよ!」という感じでしょうか。8月24日から公開の話題作「マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー」をご紹介です。

 

予告編をどうぞ!


『マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー』特報【8月24日(金)日本公開決定!】

 

主人公ドナを取り巻く愉快で明るいキャラクター達とABBAの名曲の数々が無ければ

「結果まぁまぁオーライだけど破天荒すぎるでしょー!」

と思いっきり突っ込みを入れたくなるような出来事の連続です。

 

若き日の役者さんたちもいい!

映画は現在と過去を織り交ぜながら展開していきます。若き日のドナ、そしてソフィの3人のお父さんたちの若き日の初々しい姿も楽しめます。ピアース・ブロスナン演じるサムの若き日をジェレミー・アーヴァインが、コリンファース演じるハリーはヒュー・スキナーが、そしてステラン・スカルスガルドのビルはジョシュ・ディランです。私はこれサム?ハリー?ビル?とちょっと混乱してしまいました(^^;)

↓人間関係を相関図にしたものがあるので予習しましょう。 

映画『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー』公式サイト

 

やはりシェールはすごい。

全然違うところで「やっぱりこの人歌ずば抜けてかっこいいわ(笑)!」と頷かずにはいられなかったのがドナのママ役のシェール。登場シーンでは思いっきりにやにやしていただきたいです。

 

ソフィを演じたアマンダ・セイフライドがさすがに大人すぎる印象はありましたが、それでも思いっきりかわいくてチャーミングな存在感は大きなスクリーンでドアップになっても変わらず。アメリカの俳優さんたちは歌って踊れるのもすごいなぁと思うところですね。

 

www.mammamiamovie.jp

 

最近映画を見る時間があまりとれていませんでした…反省。また試写会通いを始めましたのでこちらの更新もしていきますね。インスタのほうが更新が早いので良ければそちらもぜひ。

 

 

☆DJAIKO62、アートコラムの連載もぜひご覧ください。

hanako.tokyo

 

rakukatsu.jp

 

rakukatsu.jp

 

 

DJAIKO62

美術展レビュー&アート情報ブログ→http://djaiko62.hatenablog.com/

公式Twitterぜひフォローしてくださいませ。→https://twitter.com/eibunkyoyaku

Instagramも。https://instagram.com/djaiko62/


お仕事、作品レビューやコメント、司会などのご依頼、お問い合わせは【こちらのフォームからお願いします。

・ファンメールへの個別の返事は行っておりません。ご了承ください。

※管理人より→ご一読ください。転載引用などに関して。


にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村